スタッドレスタイヤの溝とサイプ

スタッドレスタイヤの溝とサイプ

ドレスタイヤは、積雪や凍結したアスファルトの上を走る目的で作られています。夏タイヤと比べてみるとよくわかりますが、スタッドレスタイヤの溝は深くなっています。これは積雪路を走行するときに雪を溝が噛むようにするためで、噛むことでグリップを得て走行性を高めるためのものです。


スタッドレスタイヤが走行するときの回転に伴い、接地面で雪が溝に噛み、そして剥がれ落ちていくということを繰り返し、どんどん新しい雪を噛むことによりグリップを向上させています。
またスタッドレスタイヤの溝を構成しているブロックには、サイプという細かい溝がたくさん切られています。


サイプがスタッドレスタイヤにあることによって、走行時の接地面のブロックが変形することで凍結路などで路面を引っ掻きグリップを得ているわけです。
またスタッドレスタイヤのゴムは、通常のタイヤとは異なる、低温に強く柔軟性に優れているゴムを使用しています。


スタッドレスタイヤのゴムは気泡を含み吸水・吸着性を高めたタイプや、胡桃の殻やガラス繊維を入れて引っ掻き効果を高めグリップを高めているタイプなども販売されています。
購入の際には、雪の質や量、どのような道路を走行するのかを考え、安心して冬道の走行が行なえるような車に合ったスタッドレスタイヤを選ぶことが大切です。

Sponsored Link
Sponsored Link

人気・評判のスタッドレス

やはりブリヂストンのBLIZZAK REVO2 がイチオシではないでしょうか。

レボ発砲ゴムが効きます。

世界的に定評がある、J.Dパワー、アジアパシフィックが毎年行っている冬用タイヤの顧客満足度の調査結果によるとミシュランが5年連続のトップという結果になっています。

調査項目は、積雪路面での性能、凍結路面での性能、一般路面での性能、見映え、品質・耐久性の5項目となっています。

1位はミシュランで以下ブリヂストン、ヨコハマ、ダンロップ、トーヨー、グッドイヤー、ファルケンの順となっています。

スタッドレスタイヤの人気と評判
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。